備える.com

防災グッズ、防犯グッズの選び方や使い方を考えるサイト。

【水の備蓄量】備蓄・保存食の比較 選び方

      2015/09/29

保存水

水はどのくらいの量を備蓄すればよいのか。
過去の事例をもとに、総合的に考えていきたい。

備蓄量

1日に必要な水の量

人間が1日に必要な水分量は、年齢や体重によって異なる。
成人は「体重1kgあたり50ml以上」、小さな子供では「体重1kgあたり100ml以上」と言われている。

<1日に必要な水分量(成人)>
体重40kgの人・・・40(kg)×50(ml)= 2(L)以上
体重50kgの人・・・50(kg)×50(ml)=2.5(L)以上
体重60kgの人・・・60(kg)×50(ml)= 3(L)以上
体重70kgの人・・・70(kg)×50(ml)=3.5(L)以上
体重80kgの人・・・80(kg)×50(ml)= 4(L)以上

備蓄で乗り切る期間

過去の事例によれば、災害によって引き起こされた断水は、復旧までにかなりの時間を要している。

阪神・淡路大震災では、兵庫県で水道の仮復旧まで42日、全戸通水には91日を要した

出典
阪神・淡路大震災の復旧・復興の状況について」(兵庫県ホームページ)

これに倣うと、42日分の水を備蓄することが1つの目安になるのではかなろうか。

備蓄量

上記の「1日に必要な水の量」と「備蓄で乗り切る期間」から求められる備蓄量は以下の通りとなる。

<備蓄量目安(成人)>
体重40kgの人・・・ 2(L)以上×42(日)= 84(L)以上
体重50kgの人・・・2.5(L)以上×42(日)=105(L)以上
体重60kgの人・・・ 3(L)以上×42(日)=126(L)以上
体重70kgの人・・・3.5(L)以上×42(日)=147(L)以上
体重80kgの人・・・ 4(L)以上×42(日)=168(L)以上

選び方

  • ミルクを作る水は軟水がベター
  • ミルク作りには硬度100mg/l以下が良いとされている。

  • 長期保存ができるものがベター
  • 10年間保存できるものが最長保存か。

候補

備蓄用

避難袋用

まとめ

前述の計算によると、60kgの成人では126(L)の水の備蓄が望ましいことになる。
これは、2Lのペットボトルで61本であり、段ボールにして11箱という膨大な量である。

しかし、水が、生命活動に直結し且つ代用がきかないものであるならば、このくらいの備蓄は当たり前なのかもしれない。

 - 考察, 食料・調理

  関連記事

野菜の備蓄
【野菜】備蓄・保存食の比較 選び方

野菜の保存食にはどのようなものがあるのか。 保存期限だけでなく、安全性が考慮され …

浄水器 家庭用
【浄水器(家庭用)】防災グッズの比較 選び方

原発事故直後、日本の水道水の信頼が揺らいだ時期があった。 ここでは、水道水から不 …

保存水
ローリングストック法の限界値(ローテーション備蓄)

備蓄をしていると、物品が期限切れになってしてしまうことがある。 しかし、ローリン …

サバイバルフーズ
【サバイバルフーズ】備蓄・保存食の比較 選び方

非常食は、消費期限が長いほどコスト削減につながる。 「サバイバルフーズ」は、フリ …

浄水器2
【浄水器(避難袋用)】防災グッズの比較 選び方

災害によって屋外に避難した場合は、避難袋の食糧がすべてであり、水においては1~3 …

備蓄場所
【備蓄場所】防災グッズの比較 選び方

備蓄する場所は分散しておいたほうが良い。 1箇所の備蓄物が利用できなくても、他の …

名称未設定-1
【お菓子】備蓄・保存食の比較 選び方

菓子は、非常時の食欲がわかないときに食事の代わりにしたり、ストレスの緩和という効 …

アルファ米
【アルファ米】備蓄・保存食の比較 選び方

アルファ米(アルファ化米)とは、調理済みの米を乾燥処理した食品である。 お湯また …

麺類
【麺類】備蓄・保存食の比較 選び方

麺類の保存食にはどのようなものがあるのか。 保存期限だけでなく、調理方法や必要な …

名称未設定-1
【カレー】備蓄・保存食の比較 選び方

カレーの保存食にはどのようなものがあるのか。 保存期限だけでなく、美味しさ、栄養 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>